EPOCALC's GARAGE

若者ナイアガラーの音楽雑記~本州一下らない音楽レビューサイト

.

Show Me Love/Linus' Blanket【2011】

K-POP(アイドルではない)

ショウ・ミー・ラブ

ショウ・ミー・ラブ

 

 先日―といっても6か月前だけれど、

高校時代の友人に会った。

東京・大阪をはじめ、都会の人には分からないだろうが、

僕の地元の様な中途半端な田舎には

「コアな音楽情報を入手できる手軽な場所」的なものはほとんどない*1中、

彼女は珍しく平沢進ミドリカワ書房倉橋ヨエコを愛聴する所謂サブカル

80'sシティポップ派だった僕と気が合ったので仲良くしていた。*2

久々に会ったその友人に「最近何聴いてるの~」と言ったところ

まさかの「K-POP」という返事が返ってきた。

 

その時は下の記事で読んだYubinやWonder Girlsの曲が好きと言ってごまかしたが、

さて、問題はこれからである。

彼女の様な尖った人物もK-POPを聴くようになったということは

これから道ですれ違う女性陣は必ずK-POPを聴いていると思ったほうが良いだろう。

実際僕の旧友の女性は、その友人含め、絶対K-POP聴いている。*3

サークルの方々の様な、長谷川白紙だのカーネーションだの羅針盤だのを聴いている人は夢か幻に違いない。

 

 

そう思い、皆とそれなりに話題をすり合わせるべく僕は韓国のインディーズを調査した。

現在の韓国インディーズでも、上の記事にある通りシティポップが人気

筆頭に上がるのは日本でもおなじみNight Tempo

www.youtube.com

Future Funkの代表的人物。

Twitterでたまにバズっているイメージがある。

この前渋谷に来たらしいが、帰省中だったので行けなかった。無念。

 

他にもBronzeなんかもよく目にする気がするね。

www.youtube.com

ちゃんと王道シティポップなのにK-POP臭い

この曲やイタリアのロックとか聴いていると

たとえ異国の音楽ジャンルでも

作曲者の国の音楽の要素が色濃く出るんだなあと思う。

 

 

日本の隣の国である韓国はこんな感じで日本の音楽の影響受けまくりであり

シティポップ以前からそんな感じだったらしい。

Night Tempo以前に韓国のインディーポップ界を代表する存在だったのが

 このLinus' Blanket

 

 

 

Linus' Blanketは元々日本の渋谷系ネオアコバンド・advantage Lucyのコピバンだったらしく

朱い夏

朱い夏

  • provided courtesy of iTunes

 そのせいか、Linus' Blanket自体も非常に渋谷系のかほりが強い。

 と言うか、五人の初期メンバーのうち二人だけ残ってバンドを続けているあたり

フリッパーズギターと同じ軌跡をたどっている。

その1stがこのShow Me Love

日本だったら確実にネオシブと言われるであろうアルバムでございます。

 

一曲目は1分くらいのインストでスタート。

Rag Time

Rag Time

  • ライナス・ブランケット
  • K-Pop
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 その名の通りのラグタイム曲。

こういう小品があるのも90'sっぽいネ。

 

 

二曲目から本番。タイトル曲。

Show Me Love

Show Me Love

  • ライナス・ブランケット
  • K-Pop
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 Aztec Camera的なクリーントーン主体のネオアコ

加えて非英語圏の人が英語を歌っているからか

フリッパーズの1st感がヤバい。

二人組であるので恐らく自由に後ろを編成しているのだろう、

バック隊がとても充実しているね。

仮にFriends Againと恋とマシンガンの間に

さらにもう一枚シングルがあったらこんな感じかもしれない。

 

基本的にこういう曲が多いのだが、

 このバンドはどこまでも渋谷系くさく、ボサノヴァみたいなのもある。

Labor In Vain

Labor In Vain

  • ライナス・ブランケット
  • K-Pop
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 思いっきりバチーダしているアコギ。ボサノヴァだな~

後、ボーカルのEQを変えてラジオや電話から流れているようにするのも

「あっこの問題、渋谷系でやったところだ!」

 という某B社のゼミのような気分になる。

 

さらにトラットリア風味があるこんな曲まである。

Music Takes Us To The Universe

Music Takes Us To The Universe

  • ライナス・ブランケット
  • K-Pop
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

サンプリングしたギターを切り刻み

定位を左右に振りまくる、という

まるでコーネリアスな一曲。

トラットリアのコンピに紛れ込ませても

知らなきゃ絶対バレない気がする。

 このアルバムではこの曲が一番好きかな。

 

 

 さて、このバンドは韓国インディーズではトップクラスにいたバンドらしいが

Apple Musicで落として気に入った曲をプレイリストに放り込み、

繰り返し聴いていたところ、

良く再生される曲につく☆のマークが僕が聴いた曲へと移っており、

このことから察するに、僕くらいしか聴く人がいないようである。

皆さん聞いてあげてください。自信をもってお勧めできるアルバムですんで・・・

 


라이너스의 담요 (Linus' Blanket) - Show Me Love MV

PVもPizzicato Fiveみたいだぁ

*1:インディーバンドでライブに来るのは台風クラブから上くらい、ディスクユニオンもない。どの学校の軽音にもイカれたバンドは無い。

*2:友人も少なかったので卒業式で一緒に自撮りした女性は彼女だけ。

*3:男性は二言目には「EDM」、と言う。でも大抵カッコつけなのでJonas Blueを挙げるだけでイキらなくなる。

東京/サニーデイ・サービス【1996】

東京は桜の中。

東京

東京

 

春先に投稿しようと思っていましたが

ネタがなさ過ぎてこれです。

 

 

桜の季節と言えばなんだろうか。

あ、フジファブリックとは関係なく。

桜の季節

桜の季節

  • provided courtesy of iTunes

桜の季節には

卒業式だとか、入学式だとか

遠くの街に行くだとか

桜のように舞い散ってしまうだとか

一か月くらいで色んな事が終わって始まりますナ。

海外だと年度始まりは秋らしいが

日本では桜が見られるから春、とのことだ。

明治天皇の鶴の一声。

そのせいで日本の受験生は寒空の下会場に向かう羽目に…

明治天皇も気分で出した判断で、ここまで影響が出るとは思っていなかっただろう。

 

しかし、やはり卒業や入学の時に桜が咲いていると美しい。

「散って去る」とも「新しい芽吹」とも取れるしね。

そんな始まりと終わりが同居する季節に是非聴きたくなるのが

サニーデイ・サービスの東京

数ある日本の名盤の中でもとびきりに優しいアルバム

その優しさはバファリンを優に超えると言われる。(独自研究

僕の大好きなアルバムの一つでもあります。

 

 

サニーデイ・サービスは一応渋谷系のバンドらしい。

フロントマンの曽我部恵一氏が組んだ学生バンド・ロックンロールスターが起点で

そこからメンバーが変わり、サニーデイ・サービスになった。

メジャーデビュー当初は思いっきり渋谷系

なんせ究極の渋谷系なんていう、うまいラーメン屋みたいな呼ばれ方もされたそうな。


サニーデイ.サービス / 星空のドライヴ

うん、たしかにただの渋谷系だね。

恐らくこのままだったら他の渋谷系バンドたちとともに邦楽の歴史から消えていただろう。

 

 

 しかし、ある時突然曽我部氏が古い邦楽に開眼

1stアルバムでいきなり古臭いフォークソングのような作風に大変化する。


サニーデイ・サービス - 素敵じゃないか

ここまで変化したので、当たり前だがレコード会社の人は困惑。

会社総出で大反対されたそうな。社員だったら絶対僕も反対する。

そして一部の評論家からもイロモノバンドだ、邦楽風渋谷系だなどと思われたらしい。

 

そんな世間の評価を気にせず、この作風を突き詰めた結果

名盤「東京」が生まれることになる。

では実際に聴いていきましょう。

 

 

まずは短めのタイトル曲でスタート。

東京

東京

  • provided courtesy of iTunes

この曲の時点で濃密な名盤の香りがする。

昔歩いた田舎のあぜ道の風景が克明に想起される。

一気にアルバムの世界観に取り込まれてしまう見事な出だし。

 

そして次の「恋に落ちたら」が素晴らしい。


サニーデイ・サービス「恋におちたら」

あ~Ah~あ~名曲。

オリジナルラブの田島さんも絶賛したそうな。

懐かしく、丸っこいメロディとアレンジで

「君」への思いを歌う歌。

当時の渋谷系のシーンの歌は「青春サイコー!」なものが多い気がするが*1

この曲の主人公は「君」とは結ばれてないような気がする。

なにせ主人公は「したくなる」「はず」「だろうか」と

一切具体的な行動を起こしていない。おい。

それでも幸せに感じているという

己の身の丈を知っている文化系男子の恋愛ソングでしょう。

なんか中学時代を思い出す。

 

この後も名曲が連打される

僕自身では選べないのでPVがあるものを紹介します。

まずは「あじさい」。


サニーデイ.サービス / 東京 / あじさい

最初に謎のヴァイオリンが入る。

たぶん大滝詠一の「乱れ髪」のパロディだと思うけど真偽は不明。

こちらはアップテンポで、梅雨時の晴れ間のようなウキウキ感があるネ。

だけど「恋に落ちたら」と同じように多分「かわいい人」とは結ばれてないね。

アルバム全体に漂う屈折した幸福感の度合いでは

「恋に落ちたら」とツートップ。こういうの大好き。

こういう詞は結構大滝=松本曲に多いんですよ。ペパーミント・ブルーとか。

 

ところで、この曲についてなんだけれど、曲調も詞も

下ののらきゃっとの動画にめっちゃ似合うと思うんですが、皆さんどうですか。


私と一緒にVRChatワールド探訪 SAKURA hiroba編

 

 

 

PVが有名なのは「青春狂走曲」


(PV)サニーデイ・サービス - 青春狂走曲

こちら、スペースシャワーTVスピッツ並みにヘビロテされたものになります。

白黒映像で全員ほとんど真顔で淡々と演奏するPV。ちょっと怖い。

この曲は「東京」の先行シングルだったので

当時の音楽通の多くはこの曲でサニーデイ・サービスと邂逅したわけである。

この曲からサニーデイの快進撃が始まったと言って過言ではない。

あと言われるまで全然気づかなかったが、

この曲は古いフォークロックと当時のヒップホップを融合させたものらしい。

サニーデイが単なる古い邦楽のパロディから後々脱却することを物語っているね。

あと、これとほとんど同じ題名のサンボマスターの曲があるけど、

この曲意識したのかね。全然曲調違うけど。


NARUTO op5 青春狂騒曲 fullver

 

 

このアルバムは従来の渋谷系に対する強烈なオルタナとして機能し、

中村一義をはじめとして多くのフォロワーを生み出した。

またはっぴいえんどの再評価にもつながることになったね。

 

渋谷系ナイアガラからの影響が濃いと言われ、

実際山下達郎がSongsを再発する際、帯文句に渋谷系を意識したものを載せたという逸話もある。

しかしながら、後続の渋谷系たちはそのことを半ば忘れていたわけである。

そんな本来のところから離れてしまった渋谷系

「君たち、基本を忘れてない?」

と語りかけたのがサニーデイだったんだと思う。

これはプログレに対してロックの基本系を示したパンクにとても良く似ている

だから、僕はこのアルバムは「君」への無条件の優しさにあふれると同時に

日本でも屈指のパンクなアルバムであると思うのです。

 


サニーデイ・サービス - 真赤な太陽

*1:オザケンとかはバブル崩壊後を盛り上げようと敢えてそうやったのだと思う

этажи/молчат дома【2018】

 旧ソよりニューウェーブをこめて

soundcloud.com

何が書いてあるかわからないのは僕も同じです。

 

古い作品ばかり取り上げているので

多少は最近のものも聴いてみましょう。

 というわけでこちら。ベラルーシニューウェーブになります。

 

なんでこんなヘンテコリンなもの知っているかというと

前にフォロワーが「海外でちょっとしたミームになっている」

ロシア語ニューウェーブを集めた動画をツイートしており、

その動画からこれに行きついた、というわけ。

www.youtube.com

そのミームの名はDoomer

実際に検索してみると

この動画にも出てくるタバコを吸っている男性の絵がたくさん出てくる。

詳しく解説を見てみると、

将来に希望の持てない、破滅的な若者のことだそうだ。

そんな人が聴いてそうな音楽がDoomer Musicなんだろう。

 

いやーインターネットの発達は素晴らしいもので

昔だったら絶対に耳に入らないような物事が知れて良いネ。

 

 

旧共産圏では昔から意外とニューウェーブとかテクノ的なものが人気である。

 これを初めて聞いたときに思い出したのはゾディアック


Зодиак - Зодиак (1980) (HQ - Хорошее качество)

この通りの当時の欧米の流行を汲んだテクノ音楽

ソ連のラジオの一押し曲だったらしく、日本でもアルバムが出たらしい。

共産圏でもこんなバンドがあるのか!と皆驚き、

日本では「ソ連YMO」と呼ばれたそうな。

 

あと共産圏での名曲は東ドイツMartin ZeichneteのスポーツBGM用テクノ音楽。

www.youtube.com

この人は西ドイツから飛んでくるラジオを聴いてクラフトワークNeu!とかを聴いていたらしいが、

ある日政府に拉致られ、オリンピック選手強化用BGMを作ることになった。

やり方がえげつないのが共産圏らしい。

その拉致の結果生まれたのが

この、ドイツの香りがぷんぷんする滅茶苦茶良いアンビエント

しかし極秘に制作されたためつい最近まで日の目を見なかった。

この曲によるトレーニングのおかげで

東ドイツのオリンピック金メダル数が世界2位になったという話もある。

 

 

そして21世紀になって現れたмолчат дома。

この人たちは今まで世界に知られていなかった

共産圏のテクノを再評価する一つの潮流を生み出すかもしれないネ。

 

では聴いてみましょう。

一曲目はна дне。

soundcloud.com

キリル文字

活版印刷の文字を運ぶとき荷崩れしたから意味不明になった」

みたいなジョークがあるほど訳が分からないが、

音楽の方はだいぶ素直。ダンサブルなテクノに仕上がっています。

バーブが深くかかっており、去年出た曲とは思えないほど年季が入っている。

日本人からするとYMOのテクノデリックを彷彿とさせる作風だけど

あれよりずっと明るく万人受けするような雰囲気。

ロシア語や延々と続くバスドラム共産圏の工場の様な情景を思わせる。

もっとみんなに聴いてもらいたい、名曲。

 

一番再生されているのはтоскаという曲。

soundcloud.com

ボーカルメインの曲だが、

на днеに比べるとだいぶ落ち着いている印象。

ただ、リズム隊がなかなか面白い動きをしているので

リズム中心の曲のほうが受ける海外の人が好むのかもしれない。

ドラムパターンや曲調から

ちょっとBlue Mondayを思い出すね。

 

 

こんな感じで恐ろしく質の高く、それでいて旧ソ連圏ならではニューウェーブバンドになっている。

最近、欧米でもI Don't Know How But They Found MeだとかBlack Midiだとか

ニューウェーブクラウトロックみたいなバンドが支持され始めているが、

シティポップに続いて世界を席巻するのはDoomer Musicなのかもしれない。

実際消費主義を万歳して幻想を立ち上がらせる最近のCity Pop/Future Funkと対象的に

現実を冷徹な目で見つめようとする現実主義的な音楽なので

強烈なレジスタンスになりそうだ。

さあ実際どうなるかな?

 


Молчат Дома - Этажи

バンドを始めました。

世にいうバンドというものを始めました。

Enter_Keyと言います。よろしくお願いします。

シティポップバンドとトラックメイカーが跳梁跋扈する2020年、

彼らへのオルタナになるように頑張りますです。

soundcloud.com

 

Twitterはこちらです。Liveの告知をする可能性があります。

 

mobile.twitter.com

PVアクセスランキング にほんブログ村